エダンズの出版倫理

学術研究や学術論文の執筆・作成において、倫理規定の遵守は不可欠です。 あなたの論文は、ICMJECOPE、またはEASEなどの団体が定める倫理規定に基づいて評価され、ガイドラインに沿わない論文は、研究価値を正しく評価される機会を失うこともあります。エダンズは、COPE会員として、最高レベルの透明性と倫理性の実践において、著者サービス業界を牽引していくことを目指しています。そのため、校正者と原稿を査読した専門家の氏名およびプロフィールを常に公開しています。

Acknowledgements (謝辞)

COPE、ICMJE、EASEなどの国際出版ガイドラインでは、原稿の完全な透明性が求められ、執筆または編集上の助力を提供した個人の存在があればそれを明らかにすることが推奨されています。プロフェッショナルによる英語サポートがあったことを謝辞に明記することで、編集者と査読者が原稿の科学的メリットの評価に集中できるようにもなります。

エダンズは、原稿を編集または査読した人物を常に著者に公開しています。また、サービスの提供時に謝辞の文言を提案し、原稿を改善するためのサポートをエダンズから受けた事実を記載いただくよう、積極的に著者に促しています。

謝辞および出版の透明性についての以下のようなご質問は、japan@edanzgroup.comまでメールにてご連絡ください。

 

  • 複数の人物やサービスが関わっている場合の、適切な謝辞文言の作成について
  • あなたの目標ジャーナルが、謝辞に記載される人物の署名レターによる掲載許可を必要としている場合
  • あなたの目標ジャーナルが、謝辞に記載される人物から掲載許可を得るための独自の書式を使用している場合

剽窃は出版界を脅かす大きな倫理問題です。エダンズは著者へのサービス、ガイダンスがすべて倫理に則るものであるよう尽力し、また著者に対し責任ある行動が取れるように教育的支援を行っています。剽窃された文章であると知りながら修正することもまた剽窃とみなされます。そのため、論文内に見受けられた剽窃について厳格な規定を設けています。

 

  • 校正中に剽窃とみなされる個所を発見した場合は、該当箇所をハイライト表示し校正は行いません。状況に応じて問題解決のための助言を行います。
  • 剽窃であると認識された文章の校正またはリライティング、その他剽窃の検出を避けるためのサービスの提供は行いません。

 

文章中に剽窃を見つけた場合には、その文章を著者に対して明示しますが、剽窃の発見を目的とした確認作業は行いません。エダンズによる編集が加えられた最終的な論文内容は、すべて著者の責任です。

エダンズでは以下の表に基づき、厳格な倫理規定を遵守しながらサービスを提供しています。

 

エダンズの
サービス
倫理
遵守
詳細
適切な謝辞の方法
英文校正
文章の流れ、構造、体裁の改善方法をご提案します。ただし、データと結果、およびその表現を変更することはありません。校正に際して、論文に弊社の執筆支援サービスに関する謝辞を追加します。そのままの表記にしていただくことをお勧め致しますが、変更または削除しても構いません。
再校正
文章の流れ、構造、体裁の改善方法をご提案します。ただし、データと結果、およびその表現を変更することはありません。校正に際して、論文に弊社の執筆支援サービスに関する謝辞を追加します。そのままの表記にしていただくことをお勧め致しますが、変更または削除しても構いません。
リライティング
査読者のコメントに基づいて、原稿の構造や内容に実質的な編集およびアドバイスを行います。ただし、データと結果、およびその表現を変更することはありません。作業に際して、論文に弊社の執筆支援サービスに関する謝辞を追加します。そのままの表記にしていただくことをお勧め致しますが、変更または削除しても構いません。
目標ジャーナルの
選択
出版社や地域のバイアスなしに、著者の希望と論文の学術的内容に基づき、目標ジャーナルを推薦します。記載は不要です。
カバーレターの
作成
カバーレターの原稿を論文に基づき作成します。校正者は研究結果の明確な提示と、投稿時の必須要件や利益相反についての助言のみを行います。記載は不要です。
査読者の推薦
著者の希望とジャーナルの要件に基づき、バイアスなく査読者を推薦します。利益相反の可能性については、査読者を選出する際に確認します。査読者の推薦レポートの納品後に利益相反の可能性が判明した場合、無料で他の査読者を選出します。記載は不要です。
事前査読
(ジャーナルから独立した査読)
バイアスを取り除いた状態で論文の内容を精査します。分野の最新状況、出版倫理、目標ジャーナルを考慮して、論文の改善に役立つ提案を行います。ただし、データと結果、およびその表現を変更することはありません。以下の文章を原稿のAcknowledgmentsセクションへの追加をお勧め致します: “We thank staff at Edanz Group (en-author-services.edanzgroup.com/ac) for critically reviewing a draft of this manuscript.”
アブストラクトの
作成
「アブストラクトの作成」では内容に関する変更は行いません。著者が作成した論文の内容に基づき、編集的立場から作成します。以下の文章を原稿のAcknowledgmentsセクションへの追加をお勧め致します: “We thank Edanz Group (en-author-services.edanzgroup.com/ac) for helping to draft the abstract.”
回答レター内容チェック
Point by Point
本文および回答レターを校正した上で、査読コメントへの回答と論文の修正内容を読み、著者が査読者コメントを正しく理解し回答しているかを確認します。記載は不要です。

エダンズの倫理的な出版慣行支援について:

 

以下の活動を行なっています:

 

  • COPE Council、CSE、WAME、APAME、ISTCのメンバーを社員として採用
  • 会員としてCOPEの活動に参加
  • EASEとの協働による著者規定の日本語翻訳
  • 出版倫理をコンテンツに含む、著者向けワークショップの定期的な開催
  • 出版社パートナーとの定期的な確認に基づく倫理規定に関する最新情報の更新
  • 論文について、倫理的問題が生じた場合の著者への適切な助言
  • 著者資格 (Authorship) と利益相反についての助言
  • 論文内容に関するすべての決定を著者に一任

 

エダンズが倫理遵守のために、決して行わないこと:

 

  • 剽窃された文章の校正と書き直し
  • 次の違反行為への加担
    • 資格外の人物を著者とする
    • 利益相反の操作
    • 二重投稿
    • 複数のジャーナルへの同時投稿
    • データの捏造、改ざん
    • 査読詐欺